FANDOM


プロフィール
ルイ・マシュンゴ
テンプレート:Llang
Rui mashungo
所属:自由惑星同盟
階級:少尉
性別:男性
搭乗艦:ブリュンヒルト
声優:中尾隆聖
  

ルイ・マシュンゴテンプレート:Llang

人物 編集

同盟軍准尉。長身の黒人。卓越した白兵戦技の腕前と上官への強い忠誠心の持ち主で、ヤン・ウェンリーが査問会で召還された際にワルター・フォン・シェーンコップが警護役に推薦(「片手で1個小隊は片付ける」と評されている)した。また、その時の実績から、ユリアン・ミンツフェザーンに赴く際にはヤンが警護役に任じている。ユリアンと共にフェザーンを脱出した際に、ヘンスロー弁務官の脱出に協力したことと帝国軍の駆逐艦を奪取した功績によって少尉に昇進する。

その後はユリアンと一緒に地球オーディンにまで赴き、ごく自然にユリアンの護衛として家族同然に付き従っている。最期はシヴァ星域会戦時ユリアンの盾となってブリュンヒルト艦内で戦死する。OVA版では第1期の救国軍事会議によるクーデターの終結後、グリーンヒル大将とエベンス大佐の遺体を運ぶ兵士として初登場している。

「人は運命には逆らえませんから」と、運命論者めいた口癖がある(本当にそう思っているかは不明)。ポプラン達の冗談に冷静な観点から突っ込む発言が多い。酒豪で、ポプランに「象に飲ませるようなもの」と言わせた。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。