FANDOM


プロフィール
ムライ
Murai
Murai
所属:自由惑星同盟
性別:男性
声優:青野武
  

ムライMurai

人物 編集

ヤン艦隊参謀長。生真面目な性格であり、ヤン艦隊内では数少ない常識家であるため、ダスティ・アッテンボローオリビエ・ポプランからは「歩く小言」と煙たがれている。ただし、根っからの石頭ではなく、柔軟な発想も持ち合わせているが、アウトロー気質の者が多いヤン艦隊では自らあえて常識的な意見を述べる憎まれ役の立場に徹していた。ただし、アッテンボローやポプランは彼のことを心底嫌っているわけではなく、ヤン艦隊での役割は正しく理解していた。

ヤン自身が参謀タイプの天才的軍人であったため、いわゆる本来の意味の参謀としての活躍は無く、常識論、一般人としての意見を述べてヤンの作戦立案の手助けを主な役目としていた。ただ事務処理や作戦細部の実務面、バーミリオン会戦での緻密な索敵計画立案・実行など、いささか特殊なタイプの軍人であるヤンに足りない部分を補うという意味では、広い意味での参謀役を果たした。特に司令官の悪影響で軍人として逸脱した言行の多いヤン艦隊のメンバーを、まがりなりにも軍隊組織としてまとめあげるために、必要不可欠な存在であった。

ヤンの死によって、軍全体の士気が低下することを防ぐため、汚名を被ることを承知で、戦意喪失した者たちをまとめて自らイゼルローン要塞から離脱したり、オスカー・フォン・ロイエンタール叛乱時にはロイエンタールの使者役となり、万が一、ユリアンが間違った判断(ロイエンタールに味方する選択)をしたときは、止めるつもりでいたなど、ヤンの死後もイゼルローン革命軍に対する思いは強く持っていた。その後、オーベルシュタインの草刈りにより収容されたラグプール刑務所の暴動に巻き込まれて負傷するも一命を取りとめる(おなじラグプール刑務所の暴動で、オリベイラパエッタは死亡し、シトレはムライと同じく負傷で済んだ。)。ヤンとの出会いはエコニアの捕虜収容所の上部機関、タナトス警備管区の参事官として。そのときの第一印象として「秩序と規則が服を着て歩いている」と表現しているが、陰謀に巻き込まれたヤンとパトリチェフを事情聴取し、事態を収拾したその手並みはヤンをして見事と言わしめた。最終階級は中将。 アニメ版の外見のモデルは、俳優の寺田農。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。