FANDOM


プロフィール
ヘルムート・レンネンカンプ
Helmut Lennenkampf
Lennencamp
所属:銀河帝国
搭乗艦:ガルガ・ファルムル
声優:渡部猛
仲木隆司『黄金の翼』
  


ヘルムート・レンネンカンプHelmut Lennenkampf )は、銀河英雄伝説の登場人物。

概要 編集

ローエングラム陣営の主要提督の一人で、有能な軍人とされる。バーラトの和約後は高等弁務官に就任。乗艦はガルガ・ファルムル

外見上の特徴は立派なカイゼル髭であり、これが無かったら貧相な中年的な容貌だと言われる。

略歴 編集

時系列上の初登場は『黄金の翼』。イゼルローン要塞に赴任したラインハルトキルヒアイスの上司として登場した。当時の階級大佐(イゼルローン要塞駐留艦隊査閲次長)。ラインハルトに対して公平な態度を取った為、その人柄を買われ、後日元帥府に登用される事になる。『奪還者』ではラインハルトに特殊任務を打診する役として、『千億の星、千億の光』ではヴァンフリート4=2上空での艦隊戦で味方に誤射された戦艦艦長として登場している。

元帥府に登用されたのは、アニメ版ではリップシュタット戦役の直後。アイゼナッハとともに提督の列に加わっている様子が描かれている。原作小説では、ガイエスブルク要塞ワープ実験に立ち会ったラインハルトの幕僚として名前が登場した。ラグナロック作戦ではロイエンタール麾下の副司令官(ルッツと同格)としてイゼルローン回廊での陽動作戦に参加。この時、指揮下にいた分艦隊司令官クナップシュタイン少将と参謀長グリルパルツァー少将はのちラインハルト直属を経てロイエンタール麾下に転じ、かつての上官同様の理不尽・不名誉な死を遂げることになる。

バーラトの和約後、高等弁務官として自由惑星同盟に留まるが、オーベルシュタインに唆され功を焦り、ヤンを謀殺しようとして逆にヤン一党に捕縛され、それを恥じて自縊する(オーベルシュタインの説明はOVA初期では「自縊」だが、DVD版では「自殺」に変えられており、口の動きは自縊のままになっている)。死後、その行いの卑劣さが仇となり、元帥への昇進は見送られる。

なお、死んだ後に彼の死をしばらくの間隠すためにフレデリカ・グリーンヒル・ヤンによって死化粧をほどこされた。

能力 編集

「軍人としての能力は高く、上司には忠実で部下には公正である」と、亡命後のメルカッツなどにも評価されている。「部下に対し公正かつ公平であること」は実際に彼の部下であった経験を持つラインハルトもよく知るところであり、その事によって後にラインハルトに登用された。ラグナロック作戦時のイゼルローン攻略戦においてロイエンタールも彼の艦隊指揮の見事さを見た際に、感嘆と舌打ちを同時にした程であった。

だがその一方で、軍隊から離れると途端に視野が狭くなるという側面も存在した。ロイエンタールは、武勲を立てるという観点でしか戦争を考えられず、戦局全体を見渡す視野が狭い(現場指揮官および戦術家としては優れているが、総指揮官および戦略家としては無能)として、単なる戦争屋に過ぎないと評した。一個艦隊の司令官に昇進するまでの実績は卓越していたが、それよりさらに昇進して新領土安堵の任を全う出来る器ではなかった。高等弁務官の人選時オーベルシュタインがその点を指摘しラインハルトに再考を求めているが、それが容れられることはなかった。彼を適所に任用出来なかったラインハルトのミスとも言えたが、これに対してメックリンガーは「望遠鏡が顕微鏡を兼なかったからとして非難するべきでない」と擁護している。

決められた任務を忠実に遂行する能力に長けるが、反面それは頑迷・愚直ともなった。ヤンにも「ああ、ミスター・レンネンか」と些か軽んじられる始末で、ヤン艦隊の奇策に二度まで苦汁をなめさせられた。

人物 編集

先述の通り忠誠心が篤く、部下にも公明正大な人物だが、一方で情を矯める度量に欠けるところがあった。ラグナロック作戦に於いてはロイエンタールの配下としてイゼルローン攻略部隊に参加したが、視野と価値観の異なるロイエンタールに対して反感を抱いていた。その心理状態が作用してアッテンボローのおとり作戦に引っ掛かり、同盟領侵攻後もヤンの心理作戦に翻弄される。ロイエンタール等の分析によると、この2度の敗退による屈辱感が後の高等弁務官職における不正行為に繋がったとされている。

ヤンとレンネンカンプは性格的に正反対の人間であり、その結果レンネンカンプはヤンを偉大な敵将として尊敬できなかった。退役後のヤンが元軍人らしい謹厳な生活を送っていれば、レンネンカンプのヤンに対する敗北の屈辱は、やがてヤンに対する尊敬として昇華したかもしれないが(実際にも、直接対面した際に、レンネンカンプとは違いヤンに好印象を抱いたミュラーの場合は、今までは仇敵とみなしていたヤンを尊敬するようになっている)、同盟敗北の責任を取らず、安穏と新婚生活を送るヤンの態度は、レンネンカンプにとって癪に障るものであった。やがてレンネンカンプは、ヤンの安穏とした態度を、帝国への叛逆を企てているがための擬態だと判断した(レンネンカンプの予想は半ばは的中していたが、半ばは間違っていた。ヤンが帝国に対して陰謀を企てていたのは事実であった。しかし、同時に今は雌伏の時期と考え、しばらくは安穏を楽しんでいたのであり、決してカムフラージュとして安穏を装っていた訳ではなかった)。

関連項目 編集