FANDOM


プロフィール
バグダッシュ
テンプレート:Llang
Bagdash
所属:自由惑星同盟
性別:男性
声優:神谷明
  

バグダッシュテンプレート:Llang

人物 編集

同盟軍救国軍事会議における情報部員(上官は情報部長のブロンズ中将)。ドーリア会戦に先立ち、ヤン艦隊ハイネセンより脱出してきたとして潜入、ヤンに第11艦隊の位置を偽って伝え、および(攪乱に失敗した場合の)ヤン暗殺を命じられていた。しかし、作戦はワルター・フォン・シェーンコップらに見抜かれ失敗、眠らされる(原作・道原版コミックでは特殊な睡眠、OVAではタンクベッドの冷凍睡眠モード)。第11艦隊敗北後に目覚め、クーデターの失敗を悟りヤンの元に転向する。その経緯ゆえ、ユリアン・ミンツなどからは白眼視され、シェーンコップからはきつい皮肉を度々言われている。しかし、自身で「主義主張は方便に過ぎない」と言いながらも、ヤンの下では二度と裏切りや転向はしなかった。OVA版では、自分を嫌っているユリアンがフェザーンの駐在武官として赴く際には、餞別として情報にはベクトルが働くことを教えている。ハイネセンでのヤン逮捕事件以降の活躍で地歩を固めた。イゼルローン再奪取作戦の際に、コルネリアス・ルッツに対して偽の命令を多く流し、疑心暗鬼にさせた。図々しく悪びれないキャラという面で帝国のフェルナーと似ていると原作で表現されている。最終階級は大佐。OVA版の石黒監督の一番のお気に入りのキャラクターである。

関連項目 編集