FANDOM


プロフィール
ウォルフガング・ミッターマイヤー
Wolfgang Mittermeier
Wolfgang
所属:銀河帝国
階級:提督
生年月日:帝国暦459年8月30日
性別:男性
配偶者:エヴァンゼリン
搭乗艦:人狼
声優:森功至
  

ウォルフガング・ミッターマイヤー(Wolfgang Mittermeier)は、銀河英雄伝説の登場人物。本編終了のシーンに登場するのがミッターマイヤーとその家族であり、主人公のラインハルトに比類する重要人物と評されている。

概要 編集

ローエングラム陣営の主要提督の一人で、キルヒアイスの死後、ラインハルトに最も信頼された若き勇将。獅子の泉の七元帥の一人で、その中でも首席元帥とされる。ローエングラム朝銀河帝国では宇宙艦隊司令長官となった。

頭髪は蜂蜜色のやや癖のあるおさまりの悪い髪。身長172cmと当時としては背が低いとされているが、体操選手のような無駄の無い敏捷性に富む体格である。

ロイエンタールとは無二の親友で、二人で「帝国軍の双璧」と呼ばれ、艦隊指揮/白兵戦技とも卓越した実力を有している。

時系列上の初登場は、コミック版の惑星(カプチェランカ)上での白兵戦とされている。ラインハルトとの関連では、ヴァンフリート星域会戦後に軍務省でロイエンタールとともにラインハルト(とキルヒアイス)の姿を見かけた時が最初。彼らはラインハルトに対し、外見や風評にとらわれることなく「虎の子を猫と見まがうべからず」と評している(ただしキルヒアイスに関しては「忠臣」とのみ)。

乗艦は人狼ベイオ・ウルフ)。代表的な副官はアムスドルフ。幕僚・分艦隊司令官はバイエルライン/ビューロー/ジンツァー/ドロイゼン/ディッケル等。

略歴 編集

帝国暦459年8月30日生まれ(道原かつみのコミック版より)。父は平民階級の造園業者。16歳で士官学校に入学。2年生(17歳)の夏休みに帰省した時、後に妻となるエヴァンゼリン(当時12歳)と出会っている。卒業後は少尉として任官。帝国暦480年(中尉)にイゼルローンロイエンタールと出会い、以降は無二の親友、そして軍事作戦においても共同で様々な武勲を挙げる。

24歳の時、19歳だったエヴァンゼリン結婚。エヴァンゼリンへのプロポーズは7年がかりであり、プロポーズ自体の様子も、後に得る「疾風」の異名とはとてもかけ離れたものであったと評されている。

帝国暦486年3月、クロプシュトック事件が発生、当時少将。討伐部隊のオプザーバーとして参加し、民間人を殺害したブラウンシュヴァイク公爵の縁者を将官の権限にて軍規により銃殺。これにより門閥貴族の怒りを買い軍刑務所に監禁されるが、当時まだ知己を得ていなかったラインハルトロイエンタールが救援を求め、釈放される(OVA版ではクロプシュトック事件の時系列が異なるため、監禁に至る経緯が若干異なる)。これ以後ミッターマイヤーとロイエンタールはラインハルトに忠誠を誓う。

ラインハルトの幕僚としての初の戦いは、同年の第4次ティアマト会戦(及びその前哨戦である惑星レグニッツァ上空戦)。その後、帝国軍上層部の思惑と門閥貴族の策謀により同487年初頭のアスターテ会戦には参加出来なかったが、同会戦で元帥に昇進したラインハルトに再び呼集され、中将/艦隊司令官として元帥府に登用される。

同年のアムリッツァ会戦に至る対同盟侵攻作戦で武勲を挙げ、ロイエンタールと共に大将に昇進。翌488年のリップシュタット戦役ではシュターデン提督の艦隊を撃破し、さらにロイエンタールとの共同作戦レンテンベルク要塞を陥落させる等の功績を挙げて上級大将に昇進。同489~490年のラグナロック作戦ではヒルデガルト・フォン・マリーンドルフの提案でロイエンタールとともに同盟首都星ハイネセンを無条件降伏させる。

新帝国暦1年(帝国暦490年)、ローエングラム王朝成立時に元帥に昇進。宇宙艦隊司令長官に任じられる。以降も軍務に邁進(まいしん)したが、新帝国暦2年、ロイエンタールが帝国に叛したため、第2次ランテマリオ会戦及び追撃戦で戦い、ロイエンタールの幕僚であるグリルパルツァーの裏切りもあって勝利する(ただし本人は勝利者という評価を否定していた)。
その直後、マリーンドルフ伯フランツが、ラインハルトと娘のヒルダとの結婚に伴って国務尚書の座から退く事を決意し、その後任になる事を推薦されたが、返答は保留している。

新帝国暦3年、崩御したラインハルトの遺言により、首席元帥となる事が決定するが、物語自体はその直前に終了している。

能力 編集

艦隊司令官としての能力は、新帝国ではラインハルトやロイエンタールに比類する。艦隊の高速移動に定評があり、追撃中の敵艦隊を追い越してしまうほどの用兵の速さから「疾風ウォルフ(ウォルフ・デア・シュトルム)」の異名を持つ。准将だった第6次イゼルローン攻防戦で、ロイエンタールと共に160隻の砲艦とミサイル艦を運用して同盟軍の前進を止めた功績を始め、各戦役でも合理的で迅速な戦術/戦略を得意としている。「神速にして、しかも理に適う」とはロイエンタールの評。リップシュタット戦役では士官学校の教官だったシュターデンとアルテナ星域において対戦理屈倒れのシュターデンを実戦で証明する。

戦術面以外でもラグナロク作戦においては要となるフェザーン占領において「疾風ウォルフ」の異名そのままに迅速な占領を達成し、かつ占領後のフェザーンの政情を混乱させずに治め、その後の同盟領侵攻にスムーズに引き継ぎ、第二次ランテマリオ会戦(双璧の戦い)においては可及的早期に内戦を終わらせるべくロイエンタールに長期戦の選択肢を捨てさせるべくあえて寡兵でのロイエンタール全軍との開戦を行い、実際早期の内乱終結を成功させるなど、軍首脳として非常に高い総合力を有している。

また、その公明正大な人柄から兵士たちのみならず、同僚の司令官からの信頼も非常に厚く、帝国軍の精神的支柱とでも言うべき存在である。

白兵戦技も卓越しており、シェーンコップと互角に戦ったロイエンタールと拮抗した戦闘能力を有しているとされ、彼と肩を並べて戦った幾多の戦線でそれを証明している。ただし、身体的には鍛え上げられてはいるがむしろ小柄である。

アニメ版では動体視力が優れているという設定で、高速ですれ違った自動車の中にアンネローゼやラングが乗っている事に気がついたエピソードがある。

人柄 編集

大変に清廉で公明正大な人物と評されており、同僚からも部下からも絶大な支持を得ている。その公正さゆえに軍紀に厳しく、特に軍隊による民間人への略奪や暴行には容赦ない処断を下すことで有名。その剛毅さから前述の通り危うく門閥貴族に謀殺されそうになった。フェザーン進駐にあたっても、民間人を暴行した兵たちを極刑に処し、寛大な処置を求める意見を断固として退けている。ラインハルトを除けば、帝国軍では最も兵士からの人気が高い提督である。

基本的には陽性の性格だが、他の提督と同様、オーベルシュタインに対しては負の感情と意地の悪い論評を口にする事が多い。「あのオーベルシュタイン」という言い方はミッターマイヤーが言い始めたもの。親友であるロイエンタールに対しては、オーベルシュタインに対するものとは逆に肯定的な思い入れを優先させる傾向があり、ロイエンタールの叛逆の際には、それを伝えたバイエルラインに八つ当たりしたり、私欲の為にロイエンタールを謀叛人へと追い込んだラングを私的に殺害しようとするなど感情的な面も表している。

ロイエンタールの叛乱時に、ミッターマイヤーはラインハルトより討伐の勅命を受けた。その際ラインハルトは二人のこれまでの友誼を考慮し、命令の拒否権を与えたが、ミッターマイヤーは自らの手で友人を討つことを選ぶ。それは、自らの手で討たねば、自分に代わって彼を討つであろうラインハルトを憎まずにはいられない、ひいてはそれが帝国軍の深刻な亀裂に繋がりかねないと悟った上での苦渋の選択であった。そして私心を押し殺してロイエンタールと戦い、激戦の末に勝利を収めるが、彼との友情は最後まで失われることはなかった。

キルヒアイスが早期に不慮の死を遂げたために銀河帝国において平民出身者の中では最も出世した人物であるが、名誉や贅沢に奔ったりするような行為とは無縁である。フェザーン遷都後に新帝都で愛妻のエヴァンゼリンと新生活を始めた際も当初提供された邸宅が豪華すぎると言って結局一般的な家で暮らしており、また「ウォルフガング・フォン・ミッターマイヤーという名は間延びしてよくない」と言って貴族に叙せられる意思のないことを示している。 OVAではフェザーン遷都後にエヴァンゼリンを軌道エレベーターまで迎えに行ったはいいが、一人で、それも帝国軍元帥の軍服姿で出向いており待合のロビーでは非常に浮いてしまっており、周囲の一般人や一般軍人を騒然とさせてしまっている(本人は全く気付いていない)という、やや行き過ぎた、しかしほほえましい描写も存在する。

なお、メックリンガーに芸術に対する見識について論評される場面はないが、かつてエヴァンゼリンにプロポーズした際黄色いバラを贈ったことを恥じていたり(花言葉がプロポーズに相応しくないということを知ったため。なお、黄色のバラの花言葉は「嫉妬」、「薄れゆく愛」など)、突然芸術鑑賞をするようになったラインハルトに対してまともに論評するなど帝国軍軍人の中では教養があるほうである。

家族 編集

父親は造園業者であり、裕福な平民や下層貴族を相手に、堅実な商売をしていた。「このような身分の固まった社会では、手に職を付けるのが一番」というのが持論であり、息子にもそれを勧めた。

ローエングラム陣営では珍しい妻帯者。妻は遠縁の親戚にあたるエヴァンゼリン。愛妻家であるが子供は無かった。ロイエンタールの死後、彼の息子をフェリックスと名付けて引き取ると同時に、ロイエンタールの近侍を務めていた少年兵ハインリッヒ・ランベルツの保護者となった。

ギャラリー 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。